ネイルアートの歴史

ネイルアートの歴史

今では日本でも非常に浸透してきたネイルサロンですが、そのネイルアートの歴史に関してはどれだけのことをご存知でしょうか。せっかくの機会ですのでここで一緒に考えてみましょう。実はネイルアートの歴史は古代のエジプトの時代まで遡ると言われています。

 

今から五千年くらい前のミイラの爪に着色が行われていたのです。これは現代でもヘアカラーの分野で活躍しているヘナと呼ばれる植物性の塗料であることが分かっています。爪のオシャレというのは昔から人気があったという事ですね。

 

ネイルアートが現在のような形に落ち着いてきたのは18世紀くらいです。まだアジアではそのような習慣はありませんでしたが、ヨーロッパの王朝で人気が出たのです。日本には平安時代にこの習慣が伝わってきました。

 

当初は遊女のオシャレとして有名でしたが、徐々に一般女性にも受け入れられるようになっていったのです。非常に興味深いのですね。現代ではこのようなネイルアートをしてくれるサロンが増えているので以前よりも、よりリーズナブルに施術を受けることが可能になっています。

 

まだネイルサロンに行ったことが無い人は一度試してみるのはいかがでしょうか。歴代の女性たちがそうであったように爪をキレイにするということはその人の自尊心の向上に非常に役立ちますし、毎日をもっとキラキラ過ごすことができます。

 

近所のネイルサロンを見つけるにはネットが非常に便利です。ぜひさっそくこんな情報をチェックしてみてください。