爪の形の特徴とマニキュアをうまく塗るコツ

爪の形の特徴とマニキュアをうまく塗るコツ

ネイルのコツを紹介します。ネイルの形によって印象や強度や扱いやすさが違うので自分に合ったネイルの形を決めましょう。ネイルの形は大きくわけて5つのパターンがあります。

 

 

 

●角があり四角いスクエアと言われる形。この形は強度がありますが角がとがっているのでひっかかりやすくあたった時に痛いのが欠点です。
●スクエアの角に少し丸みを付けた形をスクエアオフと言います。強度がありひっかかりにくくネイルアートが映える定番の形ですが、ある程度の長さがないと綺麗に見えにくいです。
●サイドがストレートで先端が丸い形をラウンドと言います。一般的に誰にでも似合う自然な形で優しい印象の爪になります。爪が短くても似合う形です。
●ラウンドの角を更に削って丸みを付けた形をオーバルと言います。少し強度は落ちますが上品で爪が長く見えます。最近では細見のオーバルが人気になっています。

 

 

 

次にネイルカラーを上手くぬるコツです。まずは甘皮や爪の表面を綺麗に整えベースコートをぬってからにしましょう。そしてハケを出来るだけ広げて一度にたくさんぬるのではなく、適量をぬるのがポイントです。

 

 

 

薄い場合は2度ぬりをしたほうが綺麗です。ラメ入りを使うとムラやスジが解りにくいので初心者の方でも綺麗に仕上がります。よく使うマニキュアが若干硬くなってきたとしても決して振ってはいけません。振ってしまうと空気が入り気泡が出来るので混ぜたい時にはビンをそっと転がします。

 

 

 

最後にマニキュアの選び方なのですが、プロが使っているマニキュアの方が良いハケが付いているのでおすすめです。