綺麗で健康的な爪になるには

綺麗で健康的な爪になるには

綺麗で健康的な爪になるには日々のお手入れが必要不可欠です。お手入れだけではなく食べ物にも気を使うとより綺麗で健康的な爪になります。爪とはカルシウムで出来ていると思われがちですが、爪の主成分は髪と同じケラチンというたんぱく質で出来ていて、確かにカルシウムも必要なのですがカルシウムは微量に含まれている程度なのです。

 

 

 

爪を健康的に強くするには肉類・魚介類・卵・乳製品・大豆といった動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を摂取するといいでしょう。そして注意しなければならないのが水仕事です。爪や肌の油分と水分を奪う水仕事の際はゴム手袋を使用するといいでしょう。肌荒れのみならず爪へのダメージもゴム手袋をする事でだいぶ軽減する事が出来ます。

 

 

 

爪を綺麗な状態で保つためには弱い爪先をなるべく使わないように心掛ける事も大切です。爪が伸びて白くなっている部分とは油分や水分など栄養の供給がありません。栄養の供給があるのは肉についている爪の部分までです。爪を伸ばす場合はキューティクルオイルなどで栄養補給し十分なケアをしてあげないと綺麗に保てません。

 

 

 

また爪を伸ばすのはかなりのリスクが伴います。経験がある方が多いと思いますが、伸ばし過ぎて欠けてしまったりひどい場合では缶のプルタブを開けようとした時に深く爪が割れてしまったりとケガの原因になります。

 

 

 

些細な事からケガにつながりやすいのです。爪を伸ばす場合は強化としてジェルネイルなどでコーティングすると良いでしょう。