スカルプチュアネイル

スカルプチュアネイル

スカルプチュアとはアクリルキッドとアクリルパウダーを混ぜ合わせる事によって重合反応が起こり硬化し人工爪を作る事を言います。爪の先にフォームを取り付け人工爪を作るスカルプチュアという技術はクリリップネイルと呼ぶ事もあります。今では専用キットが手軽に購入出来ますが、スカルプチュアは専門知識がないと出来ないので講習を受けるか一度ネイルサロンでしてもらった方が習得しやすいでしょう。

 

 

 

スカルプチュアの特徴は爪の長さをお好みの長さに出来たり形にコンプレックスがある場合や、厚みを出したい場合、自爪が弱くもろいなどという悩みがある場合には強化出来るのが魅力です。また思い切りストーンや3Dアートなどをデザインして楽しみたい人にも人気があります。

 

 

 

そして専用のアセトンという溶液でオフする事が出来るので削ったりして自爪を傷つける事はありません。しかし非常に硬くなるので下手にやってしまうと自爪が変形してしまう事もあるので気を付けましょう。更にスカルプチュアが浮いてしまっていたり欠けたりしたまま放っておくと爪とスカルプチュアの間にカビが生える事がありますので定期的なお手入れが必要です。

 

 

 

定期的なお手入れをしっかりすればソフトジェルとは違った楽しみ方が出来ますし、ハードジェルのように削りとるオフもしなくていいので自爪を傷つけずに済みます。

 

 

 

スカルプチュアをした始めはスカルプチュアをした状態の爪になれるまでは日常生活に多少難が生じます。たとえば携帯操作や髪の毛を洗う時、缶を開ける時やメイクする時などと言った事がよく言われます。ですがなれてしまうと自爪に戻った時がなんとなく淋しく感じてしまうでしょう。